保険に加入できる条件|自分にぴったりのプランは保険相談で知る|口コミで評判の窓口を確認

自分にぴったりのプランは保険相談で知る|口コミで評判の窓口を確認

男の人

保険に加入できる条件

ウーマン

基本的には健康体である事

生命保険や医療保険は基本的に健康体であることで加入することができます。それを調べるためにどこの生命保険会社においても審査を行うのですが、その審査方法は書面による調査と、診断書提示を条件としたものがあります。今は殆どの生命保険会社において書面による調査で済ませているようです。こうした保険加入のための審査は過去の疾病歴や現在の健康状態を正直に記載して貰った上で保険会社側が加入の是非を判断します。書面だけで判断してそれが虚偽の申告であったと判明したら虚偽申告とされ、保険金の支払いが拒否されることになるので被保険者は正しい申告を行わなければなりません。書面調査で重要視されるのは現在の健康状態であり、その次が過去の疾病歴です。過去に癌などの疾病を患っていた場合には癌が完治してから一定期間を経過しないと保険に加入することができません。

もし加入を断られたら

保険会社は営利を目的としていますから保険金を支払うリスクをなるべく少なくしたいものです。その観点から言えば癌などの重病を過去に患っていると再発のリスクを伴うことになるので審査は慎重になります。癌などの重病と呼ばれる病気は治癒してから一定期間の経過を経てから加入できるのですが、その一定期間というのは保険会社によって見解が違ってきます。ある会社では5年経たないと加入できないのが、3年で入れる保険会社もあります。もし保険加入を断られたとしても別の会社で申し込むと入れる保険会社もあるようです。また最近では疾病を抱えている状態でも入れる保険商品もあるようです。そうした保険は加入しやすい分、保険料が割り増しになっています。基本的には疾病を患っていたら保険加入は無理だと思われていたものですが、入れる保険もあることで保険に対するニーズがますます高まることになります。